フッ素(フッ化物)ってなに?歯に良いの?にお答えします!

「フッ素(フッ化物)」はムシ歯予防に役立ち、歯に良いというお話は、テレビCMや歯医者さんで耳にしたことがあると思います。では、どの様に歯に良くて、どの様に効いているのか、またそもそも「フッ素(フッ化物)」ってなに?に歯医者さんがしっかりお答えします。

1.フッ素(フッ化物)ってなに?

「フッ素」とは、水素や窒素や炭素などと同じ元素の一つです。
「すいへ〜り〜べ〜ぼくのふね」と覚えたあの元素記号の中にフッ素(F)はあります。
「フッ素」は、他の元素と非常に反応しやすく、フッ化物(フッ素化合物)として、
海、陸(土の中)、川、湖、など地球上のいたるところに存在します。
なにも歯磨き粉や歯医者さんで特別に使うものではなく、
私たちの身の回りに存在する物質なのです。

 

2.なぜ、フッ素を塗ると、なぜムシ歯になりにくいの?

フッ素の歯に対する作用は3つあります。

2-1.再石炭化(さいせっかいか)をより効果的に助ける

ムシ歯になるとムシ歯菌が出す酸が歯を溶かして、
ミネラル成分(Caカルシウム+PO₂リン)を歯から流れ出させます。(これを脱灰と言います)
ミネラル成分を失った歯は、どんどんもろくなります。

しかし、人間の体は良くできていて、一度流れたミネラル成分は唾液中に混ざり、
その唾液は歯から流れ出したミネラル成分を元の歯に戻そうと作用します。(これを再石灰化と言います)
この時「フッ素」があると、カルシウムやリンなどのミネラル成分を引き寄せ、
歯に取り込み、唾液の働きを助けます。
「フッ素」は唾液と共に再石灰化を推し進める役割を担います。

 

2-2.歯の質を元の歯質より、強い歯質に変える

フッ素がミネラル(カルシウム・リン)と共に歯に取り込まれると元の歯の質より強い
「フロールアパタイト」という歯質に変化します。
この新しい歯質は元々の歯の質より強いものです。

 

2-3.ムシ歯菌が出す酸の作用を抑える

ムシ歯菌の出す酸は、フッ素があると薄められ、酸の効果が弱くなり歯を溶かす力が少なくなります。

 

 

3.フッ素の効果的な使い方

ムシ歯予防に使われるフッ素は、ムシ歯の進行具合や条件により
効果的な濃度と量、それと最適な使用頻度があります。

1.毎日行う歯磨きで使う歯磨き粉などに含まれる低濃度のフッ素の場合
2.3ヶ月に一度、歯医者さんで行うフッ素塗布の場合

3-1.自宅で行うフッ素ムシ歯予防

毎日行う歯磨きで使う歯磨き粉などに含まれるフッ素は低濃度で
歯の再石灰化を進行してくれます。

3-2.3ヶ月に一度のフッ素ムシ歯予防

3ヶ月に一度のフッ素塗布は、市販の歯磨き粉の濃度と比べると
高い濃度になっています。
綺麗にクリーニングした後に、的確に塗布していき、
初期のムシ歯の進行を防ぎます。
また、お子さまの柔らかい乳歯や生え始めの永久歯にも
フッ素は効果的です。
生え始めの永久歯には「フロールアパタイト」を早く作ることで
歯を固くし、ムシ歯になりにくい歯をつくります。

 

4.ムシ歯になってしまったら、フッ素を塗ってもムダですか?

フッ素はムシ歯になる前にムシ歯を予防するために使用します。

しかし、小さなお子さまで、削ることが出来ない場合、治療用のフッ素を使用することがあります。
ムシ歯の進行止めと言われるもので黒くなります。

その他に、穴のあいていないムシ歯の初期段階では、フッ素を使用して進行を防ぎます。
しかし、ムシ歯になっても、初期ならある程度効果はありますが、大きく穴があくと予防ではなく治療が必要です。
ムシ歯が拡大する前に、ご自宅でのブラッシングや定期的に歯医者さんで歯石や歯垢を取るクリーニングを行いましょう。

 

5.フッ素は身体に影響はない?

ムシ歯予防に使われるフッ素は濃度と量と使用頻度、使用方法を間違わなければ人体に影響するものではありません。
量や濃度を増したからといって適切な量と効果の違いがあるかというと、そういう訳ではないので、適切に使用しましょう。

5-1.赤ちゃんでも使えるフッ素ありますか?

1~3歳用のフッ素入り歯磨き剤があります。
フッ素入り歯磨き剤はフッ素濃度も低く、量も少なめなので安心です。
また、歯科医院や各市区町村の保健所で実施されるフッ素塗布があります。

 

以上、フッ素についてのご説明でしたがお分りいただけましたでしょうか?
フッ素はあくまで予防であり、ムシ歯を治すものではありません。
毎日のブラッシングと定期検診をしっかり受け、強い歯をつくってムシ歯のないお口を目指しましょう!
人間の体の中で唯一再生しないのが歯なのですよ。